ホリエモンと日本

この記事は2分で読めます

horie

どうもこんにちは!たけです。

最近はある本を読んで、バリバリ刺激を受けています。

それがコチラ。




 

日本経済のことをよく知らない、という方は絶対に

読むべき1冊。

藤沢数希さんはメルマガも面白いし、

本当に勉強になる。

 

原発事故とサブプライム・ローンの関係性、

アメリカ史上最大のねずみ講と年金、

日本の正社員信仰の弊害、

ホリエモンと村上ファンド一件について・・・

などなど、目からウロコの情報ばかり。

 

 

いまおかれている日本の問題点がだいぶ見えてきます。

 

特にインパクトがあったのは、

ホリエモンについて。

 

ホリエモンの一件は、

僕が小学生の時に起こった事件です。

 

よくわからんマネーゲームをして、

買収やらTOBやら、

ホワイトナイトやらブラックナイトやら・・・

 

なんかお金でテレビ局とか球団を買収できたり、

ホリエモンってえげつねーな・・・

という印象。

 

つまり、「悪い人」って印象を僕は持ったのです。

当然今はそんな印象ではないですけどね。

 

で、そんな印象を昔はもったわけですが、

この本を読んで思ったのは、

日本という国は

「出る杭は打つんだな」と。

 

それは、同じ粉飾決算の罪に問われた時の

大企業とライブドアの扱いの差にあった。

 

 

ホリエモンが社長だった、ライブドアのファンド会社が

自社株の売買で得た利益を売上に計上。

 

しかし、それが粉飾決算だというように

扱われてしまったことで、禁錮刑にされてしまったそう。

 

これは実際に売上を出していて、会計上のミスであるため、

禁錮刑になるほどの重い罪ではないはずなのに。

 

一方、カネボウや日興コーディアルは

ありもしない利益を計上し、それをもとに

銀行から融資を引き出していた。

これは、会計上のミスとは言いがたいほどのもので、

簡単に言えば、銀行を騙したということになる。

 

なのに、社長が禁錮刑になっただろうか?

そうはならなかった。

 

そして、ニュース的にもそれほどの話題にはならず。

 

明らかにおかしい。

 

結果、ホリエモンが逮捕されたことで、

起業の流れが止まり、新興企業が集まるマザーズへの

融資も減ってしまい、新興企業への就活生の注目度も低下した。

 

明らかに、ホリエモンを始めとする新興企業の台頭をよく思っていない

大企業やその周辺の圧力があったのではないかというのは間違いないと思われる。

 

その結果、日本は起業が進まず、経済は低迷し、

大企業が既得権益を持ってのさばっている。

 

本当に恐ろしい話だ・・・

 

新たに会社を作って成功したら、

雇用も増えるし、新たに投資もするので経済も回る。

「価値」を創出しているのにいい印象を持たれない。

 

で、大企業に入っているだけでもてはやされる。

 

こんなことをやっている日本は、本当に危ない。

もう衰退途上国になっているというのに・・・

 

なので、今のうちに自分の身は自分で守れるようにしなければ!

と改めて思いました。

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. sunrise-67128_640
  2. スクリーンショット 2016-02-09 0.11.31
  3. スクリーンショット 2016-04-04 23.03.15
  4. スクリーンショット 2016-06-05 21.33.20
  5. ネット
  6. スクリーンショット 2016-07-23 13.37.30
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!