ニュージーランドの物乞いがアグレッシブ過ぎた

この記事は5分で読めます

AKL-18

どうもこんにちは!たけです。

 

以前、ニュージーランドに行ってきたことを、

思い出していたのですが、ふと思い出した話があります。

 

それは、「ニュージーランドの物乞い」です。

 

日本では、あまり物乞いをする人って少ないですよね。

 

海外だと割と普通にいることが多いです。

 

中国なんかだと、そこら中にたくさんいます。

 

で、ニュージーランドにもやはり街の

人通りが多いところに、物乞いがいました。

 

基本的には、お金を入れてもらうコップを持って、

通った人にお金をねだります。

 

…しかし、その中に半端ない物乞いがいたのです。

 

それは、コンビニを通ったときのこと。

 

通っていると、物乞いの人がいたわけですが、

とんでもなくアグレッシブ。

 

もうそれはジャラジャラコップを回して、

「Money!!Money!!」と迫ってくる。

 

いきなり、よくわからないおじさんに迫られて、

けっこう怖かったです笑

 

キリスト教とかだと、

貧しい人にお金を渡すのは当たり前の行為だった気がするから、

けっこう渡すのかもなーとか思ったりしたのですが、

僕はビビって退散しました。

 

 

ここで、思ったのが、お金への執着心の物凄さです。

お金が欲しくて、身を投げ出してお金を乞う。

 

正直、お金をもらう、という人間としては明らかに失格です。

 

お金をもらう、つまりビジネスをするということは、

価値を提供しないといけないわけです。

 

せどりであれば、仕入れた商品をAmazonで販売することで、

Amazonから商品を買いたい人がAmazonから商品を購入できる。

 

つまり、仕入れ元→Amazonへ移動させていることで、

価値を提供しているのです。

 

情報発信であれば、僕が話している情報に価値があるから、

その情報を提供した対価として、お金を頂いている。

 

物乞いは、僕に対して、価値を提供するどころか、

迷惑だと感じさせているので、絶対にお金を渡したくないです。

 

物乞いをするぐらいであれば、

マジックを見せてあげたり、音楽を演奏したりすればいい。

身分がなくても、そういうことはできるわけです。

 

しかし、この物乞いの執念には、学ぶところがあります。

 

日本だと、最低限の生活ができない、

っていうことは全くあり得ないです。

 

生活保護で、6万?とかももらえる。

それでパチンコやっている人もいるそうです。

 

それだけ、日本に生きているだけで、

相当なアドバンテージがあるのです。

運がいいわけです。

 

日雇いバイトを20日すれば、

20万ぐらいは稼げる。

 

 

しかし、ニュージーランドという比較的

先進国に近い国でさえ、

こんなにお金に対して、死にものぐるいで

向かってくる人がいる。

 

アフリカとかに行けば、餓死する人もいるし、

戦争とか、紛争ですぐ人が死ぬ。

 

だから、日本に生きていると、

なんとなく生きていても、それなりの生活が送れるし、

そんなに悪くはない。

 

だから、努力することがなくなってしまうわけです。

すると、なんとなく生きてしまうわけで、

自分に対して、自信がなくなってしまう。

 

自分が自信を持って、これはやってきた、

って言うことがないわけです。

 

アフリカとかの厳しい地域であれば、20歳ぐらいまで

たくましく生きれれば、もはやそれだけで

自信になるはずですからね、

 

そんなわけで、自信が持てずに生き続ける。

そうすると、自己否定につながるわけです。

 

まさしく、自分を信じることができない状態になる。

何をやってるんだ自分…ってなるわけです。

 

でも、やるせないし、死にたくなるけど、

何をすればいいかわからない。

 

本当は、一歩踏み出せばいいだけなのに、

完璧主義が出て、一歩踏み出せない。

 

それこそ、お金がなくて、生きるか死ぬか、

という状態であれば、

とにかく行動するしかない。

 

まさしく、ニュージーランドの物乞いの

人と同じような状態です。

 

あの必死さは、相当なものです。

 

しかし、日本だと、あそこまでやる必要はないし、

日本の教育が、チャレンジすることを否定する

土壌もあいまって、さらに一歩踏み出せない。

 

日本の教育では、どんどん手を挙げようと言っても、

いざ手を挙げて、間違えたら怒られたり、

周りの生徒達にバカにされる。

 

それで、余計手を挙げにくくなる。

だから、小学校高学年とかになるころには、

失敗して、周りにバカにされるのが嫌で、

手を挙げずに、誰か手を挙げるのを待つ、

という学校あるあるが発生します。

 

 

で、そんなわけで、どんどん自己嫌悪に陥ってしまうのです。

すると、どんどんやる気が減っていく…

でも、会社勤めだったら、ただ会社に通うしかない。

 

だんだん、生気が失われてしまう。

 

僕も大学生の時は、最初は楽しかったけれど、

プライドも高いくせに、思考力、知識が絶望的になかったので、

コミュニケーションがまともにとれない。

受験勉強なんて、クソの役にもたたなかったのです。

 

おかげで、友達も少なくて、

大学に入ってから最初は環境の変化で楽しかったものの、

すぐつまらなくなりました。

 

 

何も楽しいことがなくて、

本当に生きていて楽しくなかった。

やりたいこともない。

でも、生きていけてしまう。

 

そんな状態だったわけです。

自信がなくて、自己嫌悪状態だった。

 

 

その自信がないのを隠したくて、

プライドだけは高かった。

傷つきたくなかったからです。

 

本当にあの頃は、辛かったです。

 

しかし、それを救ってくれたのは

ビジネスでした。

 

ビジネスは、自分の頭をフル回転して、

思考力を鍛えて初めて、お金が稼げる。

 

思考力の絶望的に乏しい僕にとって、

全くもって相性が悪い。

 

最初は、完璧主義を発動しまくって、

ちょっとだけやって、すぐにあきらめた。

 

しかし、大学に入って、ビジネスを教えてくれた僕の師匠が、

「そんなんで稼げるはずがない。とりあえずもっとやれ。」

「失敗するのが普通じゃん。失敗して修正するんだ。」

ということを教えてくれました。

 

そこで、僕はもっと量を積まないといけない、

そして、失敗してもいいんだ、ということを気づかせてくれました。

 

そこから、ガンガン試行→失敗→修正!!

の流れを繰り返していきました。

 

とにかく、失敗してナンボなのです。

 

試行→失敗→修正、ただこれだけをすることで、

劇的に効果が出たのです。

 

とにかく、やらないと変わらない。

それこそ、ニュージーランドの物乞いのように、

アグレッシブに。

 

とにかく、ハードルを低くして、

行動していきましょう。

 

ノウハウコレクターになっても、

仕方ないのです。

 

ノウハウばっかり溜めていると、

行動できなくなります。

 

「まだここがわからない…あれがわからない…」

となってしまうわけです。

 

僕も、せどりを始めた頃、

商材を読んでも、全然身にならなかったです。

 

やらないと、わからないことがわからないわけです。

やって、わからないことがやっとわかる。

 

そして、情報を学んで修正していくだけなのです。

変わりたければすぐ、とりあえずやってみましょう。

 

やるために必要なことは、メルマガで教えます。

興味のある方は、メルマガに登録してください。

ではまた。

 

 

P.S.

僕がどのようにして、過去の痛いやつから、ここまで来たのか。

そのストーリーを書きました。

 

人生がうまくいっていなくても、変われるんだ、

という勇気づけになると思います。

 

全力を込めて書いたので、ぜひ読んでみてください。
ダメ大学生たけが、ビジネスで大切なものを得るまで

 

 

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2016-05-22 23.06.12
  2. スクリーンショット 2016-02-05 2.15.16
  3. スクリーンショット 2015-09-10 22.14.09
  4. スクリーンショット 2015-11-10 1.45.51
  5. スクリーンショット 2016-08-11 22.38.41
  6. スクリーンショット 2016-07-12 22.27.09
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!