人は忘れる

この記事は2分で読めます

forgot

どうもこんにちは!たけです。

今日はゼミの先輩方の卒論発表会。

朝7時半におきて、学校へ向かう。
ねみいいいいいい。

9時から始まったわけですが、
先輩の発表はスライドをチラ見する程度。

ワタクシにはステップメールを書き上げる
という超重要任務があったので、
ひたすら内職。

 

カタカタカタカタ・・・・
書きまくる。

で、なんとか5通完成。

精魂尽き果てるかと思いましたw

 

おかげでほとんど卒論の発表は聞いてませんでした。
先輩ごめんなさい。

というか、そもそも7時間ぶっ通しで
普通の大学生の発表なんて聞けるはずがない。

テラカオス。

 

で、めでたく終わったわけですが、
その後ダイレクトでゼミのOB会へGO。

お酒を飲みながら、OB、OGの方々と
話をするわけです。

ですが、ゼミの同期はビビって
なぜか同期同士で話してる。

ファーーーーー。

 

お前らなんでOB会に来て同期と話してるんじゃボケ。

お主らの大切にしてるしゅーかつはどうしたんですかねえ・・・。

 

ゼミのOB、OGとコネを作って内定に近づく
ウルトラスーパーチャンスだというのに。。。

 

で、同期の方々は、
「OB、OGの方と話すの疲れる」
「何話せばいいかわからねえ」

いやいやいやいや。

めっちゃ話すことあるじゃないですか。

だってゼミ同じじゃん。
OB、OGだぜ?

 

共通体験がはげほどいっぱいあるわけなんだから、
それ話せばいいやん。

 

そんなわけで、もじもじしてる人もいる中で
僕は20代のOGさんとトークして楽しんでましたw

ビジネス始めて1年経つわけですが、
頭の思考回路が変わったおかげで
ボキャ貧、コミュ障からわずかながらに脱却できて、
本当に良かった。

 

そんなこんなでいろんな人と話して、
OB会は終了。

 

で、帰宅。

 

ステップメールについてフィードバック
をいただいていたので、それを見る。

・・・・・
ああ、あかん。

ターゲットがしっかり決まってない。
ただの説明文章になっている。
タイトルがついてないからどこに焦点をあてればいいかわからない。

とのこと。

 

 

いつも丁寧に的確なフィードバックをくれて本当に感謝です。

 

で、確かにそうである。

やっぱり書く前から勝負は決まっている。

 

しっかりリサーチをして、
ターゲットの悩み、生活、響く言葉をピックアップ。

そして教育したい価値観入れて流れを構築。

そして、もうあとは書くだけ!
っていう状態にしないといけない。

 

迷いがある時点で、
もうそれはダメ。

 

文章に勢いがなくなるし、
しっかりリサーチ、流れを構築できていないということ。

 

だが、これは前からわかってたこと。

 

やっぱり人は忘れてしまう。

なんでもそう。

 

アドバイスされたことというのはたくさんある。

しかし、時間が経つと忘れていってしまう。

人は残念ながら忘れてしまう生き物である。

だから、紙にアドバイスを記す。

 

そして印刷する。
そして何度も見返す。

 

人類は忘れないために紙というモノを発明した。

それを使わない手はない。

紙に記す。
そして何度も見返す。

これで忘れないはずだ。

 

ということで、明日は今までのログを見て、
アドバイスをまとめる。

そしてステップメールを作る。

今日はここまで。
では。

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ame0414-thumbnail2
  2. スクリーンショット 2016-06-21 21.01.20
  3. 2076021i
  4. 150825H-101
  5. スクリーンショット 2016-04-10 20.25.02
  6. スクリーンショット 2016-06-19 22.17.03
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!