正社員であることがそんなに大事なのか?

この記事は5分で読めます

スクリーンショット 2016-02-26 22.04.38

どうもこんにちは!たけです。

 

今日の話は、正社員であるのって、そんなに大事か?

っていうことです。

 

正社員って「しっかりしている」、「安定」

っていうイメージがありますよね。

 

少なくとも、派遣社員や、バイトよりは

安定感があるっていうのは、

普通に思うことなんじゃないかと思います。

 

毎月、きっちりお金が入ってきて、

福利厚生も一応はある。

 

しかも、親、恋人、友人、奥さん…

周りの人からはまともに生きているな、

って思われますよね。

 

しかし、正社員であることは大事か?

という問いに対して、

僕は全然大事じゃないなー、って思います。

 

もちろん、今はですけどね。

 

 

そんな僕ですが、昔は、

正社員にならないと死ぬと思っていました。

 

親からも、いい大学に入って、

いい会社に就職して、幸せな生活をするんだよ、

と言われ続けてきたのです。

 

そのためにも、小学校から公文式に入り、

中高一貫の学校を受けるべく、お受験勉強もしました。

 

 

そして、社会的にも、いい大学に進学して、

いい会社に就職すれば、将来は安泰と

ずっとテレビや学校で教育を受けてきた。

 

逆に、起業なんて、成功した奴は

ホリエモンみたいな、

いやみったらしい成金で、

失敗したら、首をつるしかない、

っていうようなイメージしかなかったです。

 

 

で、フリーターはろくに定職にもつかない、

どうしようもないクズっていうイメージ。

 

だから、小学生ながらも、

「俺はエリートで、大企業に就職して勝ち組になってやるんだ。」

と子どもながらに思っていて、勉強のできない奴は「カス」だと

心の中では見下していました。

 

で、中学高校も進学校で、

英才教育を受け続けてきました。

 

世の中は、いい大学に行って、

良い企業に就職した奴が最強だ。

 

そして、大学に行ってからは、

より良い企業に行ったかどうかで、

優劣がつけられる世界観に。

 

もう、大学の次は就職ですからね。

 

「メガバン(赤緑青の3大銀行)に行ったら勝ち組だよな」とか、

「商社マンは最強でしょ」とか、

「官僚こそ頂点」みたいな感じで考えるように。

 

周りも、「とにかく良い企業に就職しないと、負け」

という価値観の人ばかり。

 

有名じゃない企業に行かないのなんてありえない。

行くなら東証一部の企業の正社員だよな。

その中でもトップに入らないと、

年収1000万は行かないよな。

 

そんなことを、

ずっと、心のなかで思っていた。

 

しかし、それはビジネスを始めて崩壊しました。

だって、月100万なんて一瞬にして稼ぐ人がうようよいたから。

 

それも、鬼のように働いているわけでもない。

 

なんだこれ。え?どうなってるんだ?

 

僕は意味がわからなかったです。

 

僕は当初、正社員になって、

厳しい出世競争に打ち勝って、

やっと40ぐらいになって年収1000万に

達するものだと思っていたから。

 

それを、20代にして稼いでいる人が

たくさんいる。

それも、失敗したら首をつる、

なんていうリスクも全く負わずに。

 

今はネットの時代だから、

リスクを背負う必要は全くありません。

 

ブログなんて、自分でサーバー、ドメインを借りても、

たったの月1500円ぐらい。

 

せどりをすると言ったって、クレカを使えば

1ヶ月分のお金を借りられるし、

元手だって10万ぐらいあれば十分。

 

最悪返せなくても、日雇いバイトやりまくれば

簡単に返済できるぐらいのお金です。

 

ネットのない時代だったら、

店舗を借りて、商品を仕入れて、

人を雇わなければいけなかったものが、

システムはネット任せで、店舗も持つ必要が無い。

 

おまけに、情報を発信するといえば、

テレビやラジオ、新聞雑誌といった

巨額の資金を必要としていたのに、

今はこのブログのように誰でも始められる。

 

そこで、せどりなら商品を仕入れて、

ネット上で売る。

で、Amazonなら配送まで、

システムに任せることができる。

 

ネット上で情報を発信して、

自分の商材を売ったり、

他人の作ったものを紹介して、

お礼としてアフィリエイト代金をもらったりする。

 

そうやって、お金を稼ぐことができる。

 

その人たちは、汗水たらして、鬼のように働かなくても、

1000万が稼げてしまっているのだ。

 

しかも、その人たちは

精神的にも、肉体的にも、金銭的にも、時間的にも

余裕のある生活を送っている。

 

家族や仲間と思う存分過ごし、

好きなことをやり、好きなところに行き、

好きなモノを食べている。

 

そして、今では僕もかなりそんな生活に

近づくことができています。

 

商品をリサーチして、

いい商品があったら仕入れて、家に届く。

で、それを梱包してAmazonの倉庫に送るだけ。

 

で、それで月に何十万も稼げてしまっている。

正直全然働いていません。

 

だから、今では思ったのです。

「正社員になる必要なんかない」と。

 

更に言ってしまえば、

1日1万の日雇いのバイトを20日やれば、

月20万稼ぐことができるわけです。

月20日だから、それでも10日休める。

正社員の初任給と比べても高いです。

 

一方、正社員になった人は、

毎日毎日サービス残業。

上司の顔色をうかがわないといけない。

土日も出勤。

 

僕は正社員になったことはないですが、

会社に殺される、と思ってビジネスを始めるべく

僕の元に来た人はたくさんいます。

 

で、正社員が安定といえばそんなに安定ではなく、

当然過労で精神がすり減るだけでなく、

普通にクビにされる可能性だってある。

 

ソニーレベルの大企業だって、

何千人もクビにしているわけです。

 

大企業のリストラは、ネットで調べてみれば

実はたくさん出てきます。

 

ましてや、中小企業レベルだったら、

いとも簡単にクビにされることなんて日常茶飯事です。

 

 

正社員であることのメリットを逆に挙げるとすれば、

「社会的信用がある」ことぐらいです。

 

銀行では、お金を借りやすいです。

一応、社会的には信用があるということに

なっているからです。

 

あとは、周りの人からはいい目で見られる。

それぐらいです。

 

精神をすり減らし、肉体もぼろぼろになり、

やりたいこともできず、家族とも一緒に過ごす時間を作れない。

おまけにお金も言うほどもらえるわけではない。

 

正社員の事実はそういうものなのです。

 

もし、それに今気づけたのであれば、

それはラッキーなことです。

 

僕も、ビジネスに出会っていなければ、

人間的な成長もなかったし、

今頃どうなっていたんだろうか…

と背筋が凍ります。

 

ぜひ、今すぐ行動しましょう。

そして、変わって、

精神的にも、肉体的にも、金銭的にも、時間的にも

自由になりましょう。

 

ではまた!

 

 

P.S.

僕がどのようにして、ビジネスを知ってから、

ここまで来たのか。そのストーリーを書きました。

 

人生がうまくいっていなくても、変われるんだ、

という勇気づけになると思います。

全力を込めて書いたので、ぜひ読んでみてください。
ダメ大学生たけが、ビジネスで大切なものを得るまで
 

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 150825H-101
  2. kengo_yoshito
  3. スクリーンショット 2016-06-05 1.42.19

    2016 06.05

    せどりと建築

  4. 793412a5
  5. スクリーンショット 2016-02-01 0.56.13
  6. スクリーンショット 2015-11-25 1.14.24
    • くろねこ
    • 2016年 6月25日

    この記事も良いですね!

    その昔、くろねこも正社員だった頃を思い出しました…

    安定はしていても、結局雇われのベイビーなんですよね…

    頭が良い奴は、とっとと起業して会社に依存せずとも結果を出す…

    今思えば、正社員やるより自営業のサバイバル生活を送った方が楽しいですね!

    たけさんお互い頑張りましょう…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!