ボスマン判決と、「資本主義社会」の意味とは?

この記事は5分で読めます

スクリーンショット 2016-02-09 0.11.31

どうもこんにちは!たけです。

 

僕はサッカー観戦が好きで、けっこういろいろな記事を見ます。

 

でも、サッカー観戦なんてビジネスと関係なくね?

って思うかもしれませんが、

実はけっこう関係あったりします。

 

僕は、ビジネスを始めてから、

サッカーを見るのが一層面白くなりました。

 

それは、「フィルター」を持つ感覚を身につけたからです。

 

昔は、点が入ってテンションが上がったり、

派手なプレーを見てワクワクしていたぐらいでした。

 

あーだこーだ言っていても、

僕はサッカー経験者でもないから、

サッカーのことはよくわからなかったです。

 

ただ、純粋に本気のプレーに心動かされてた、

っていう部分が大きかったです。

 

しかしながら、ビジネスを始めてからは、

サッカーを見る「視点」を意識的に

吸収するようになりました。

 

サッカーに対して、どのように考えているのか、

ポジションはどのように取るのか、

ボールはどのように持つのか、

システムについてどう考えているのか…

なんていろいろなことを見るようになりました。

 

すると、全く同じスポーツをやっているのに、

全くアプローチの方法が違ったり、

考え方が違ったりして本当に面白いです。

「えええ!そんな見方をしてたのか!」

とか驚きがあり、そういった知識を入れながら

サッカーを見るとまた違いが見えて面白いです。

 

おかげで、僕は部活でサッカーをやっていた友達とも、

技術レベルでのサッカートークができたりします。

ちなみに、僕は運動神経があまり良くないので、

プレーは下手くそです笑

 

それはさておき、サッカーにかぎらず

そういったことを深掘りして考えるようになったので、

いろいろなモノが面白く見えてくるし、

それが情報発信に使えることも多々あるので、

とても楽しいです。

 

…あっ、だいぶ前置きが長くなってしまった!

 

話を戻しますね。

 

今日は、サッカー関係の記事でこんなのを見つけました。

 

世界のサッカー界を劇的に変えた「ボスマン判決」とは何か?

 

サッカーっていうのは、当然ながら「お金」が絡んできます。

ビジネスなのです。

 

だから、選手の「移籍」もビジネスなのです。

 

例えば、5億で獲得した選手が、チームで結果を残し、

50億で売れればそれは莫大な利益になります。

 

で、その話についてなのですが、スポーツに興味がある人は、

「〇〇選手が移籍金△△億で移籍!! 」

みたいなニュース見たことがあるかもしれません。

 

最近では、100億超えの移籍金が出ることもあります。

 

 

選手の価値が、移籍金で測られることがしばしばあるのですが、

この移籍金ってなんだよ??

って思う人もいるかもしれません。

 

移籍金って、実は「違約金」なんです。

 

例えば、5年契約でAというクラブに所属する選手が、

3年でBというクラブに移籍する場合、

またAでの契約が満了していないから、BがAに違約金を支払う、

という形になっています。

 

これが移籍金なのです。

 

で、今でこそ違約金を支払って移籍するルールなのですが、

昔は実はそうではなかったのです。

 

それが変わったのが、さきほど紹介した、

「ボスマン判決」です。

 

ボスマン判決が出る前までは、

契約が切れても、選手の保有権はクラブにあったので、

移籍先のクラブが移籍元のクラブにお金を払っていました。

 

しかし、記事を読めばわかりますが、

ボスマン判決を通じて、今のルールになったのです。

 

でも、よく考えたら契約も切れているのに、

「金を払え!」っていうのが

おかしいといえばおかしいですよね。

 

そんなわけで、今のルールになったわけですが、

チームは選手の流出を防ぐために、高い違約金を

設定するようになったのです。

 

しかしながら、それでも欲しい金満なクラブもあり、

そのチームが多額のお金を払って選手を獲得するのです。

 

おかげで、じゃあもっと高くしなければ!ということで

違約金をを高くし、でも、払える!ということで、

どんどんどんどん高くなっていきました。

 

でも、ある意味これは正常で、

オークションで、適正な価格が決まるのと同じことです。

 

オークションなら、最も高い金を払う!

って言う人が買えるわけですからね。

 

 

で、そうなると、金満なクラブがどんどん

いい選手をかき集め、そして強くなる。

だから、クラブにより格がついて、

さらにいい選手が集まりやすくなります。

 

富が1箇所に集中していき、

金のあるクラブしかなかなか勝てなくなります。

だから、そういった体制を批判する人は多いし、

金満クラブは嫌いだ!っていう人も多いです。

 

もちろん、小さいクラブが、

金満のクラブに勝つのはなかなか爽快ですが、

僕はこの状況が別におかしいとは思わないです。

 

だって、「資本主義社会」だから。

 

僕の大学の友人には、

「世の中お金じゃないよ!」

なんていうことをいう人もいます。

 

確かにそれはそうです。

 

僕も昔は、お金がなくても幸せで、

愛があればしあわせなのかな…

なんて思っていたこともなくはないです。

 

でも、もう一回言うと、今は

「資本主義社会」です。

 

「資本主義社会」ってどう書くのか?

って言えば、「資本」が「主義」の「社会」。

 

言ってしまえば、「資本≒カネ」が「主義=思想の中心」の「社会」

だということ。

 

要するに、カネが全てのものさしになるということです。

 

サッカー選手が、移籍金で評価されるのも、

高いカネをもらっている選手のほうが、

「いい選手」だと社会的に認められるからです。

 

例えば、野球だと、シーズンオフに、「銭闘」

したりしますよね。

 

契約を更改するときに、提示した年俸が不満で、

もっと高くしろ、とやり合ったりします。

 

僕は小さいころ、あれが不思議でならなかったです。

 

「だって、1億とかもらってるなら、もうお金とか関係なくね?」って。

 

でも今は分かります。

お金は、「選手の評価」だから。

 

お金がいるとかいらないとかそういう問題ではなく、

お金が少ないということは、

「お前は選手としての価値が低い」

と言われているのと同義ですからね。

 

 

つまり、お金がないというのは、資本主義社会において、

「自分の価値が社会的に低い」っていうのと同じです。

 

だから、資本主義社会において、

お金がない人は価値がないし、

不自由な生活を送ることになります。

 

お金が無ければ、生活を切り詰めないと

いけなくなります。

つまり、「ガマン」しないといけない。

欲しいものがあっても、買えない。

食べたいものがあっても、食べれない。

 

ガマンはストレスになります。

 

例えば、結婚して、子どもがいたら、

夫の稼ぎが少なくて、ひもじい物しか食べれず、

ボロアパートに住んでいて、服も買えない。

旅行にもいけない。外食もできない。

 

子どもが勉強したいと言っても、

満足に勉強もさせてあげられない。

ほしい物を買ってあげられない。

 

そんなだったら、夫婦ともにストレス溜まりますよね。

で、子どもも満足に育てられない。

子どもにもガマンを強いらないといけなくなる。

 

どう考えても、不幸です。

もしもこの状態で幸せなら、確実にお金があったら、

もっと幸せです。

 

つまりは、お金は絶対にあったほうがいいのです。

 

でも、確かにお金があっても幸せでない人もいます。

しかし、それはお金があるから幸せでないわけではない。

 

お金がないから幸せでないことはあっても、

お金があるから幸せでないことはありません。

 

世の中お金じゃないよ!って言っている人ほど、

実はお金に貪欲です。

お金を自分が稼げないのを言い訳にしているだけです。

 

お金持ちの人は、お金のことをむしろ考えていないので、

お金に対する執着心がむしろ全くありません。

 

別にお金なんて要らなくね?

って思っている人がいたら、

やせ我慢せずに、お金を稼ぎましょう。

 

世界が変わりますよ。

ではまた!

 

 

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2016-03-25 2.16.09
  2. スクリーンショット 2016-04-11 21.31.16
  3. スクリーンショット 2016-03-23 3.12.30
  4. スクリーンショット 2016-07-06 0.11.41
  5. スクリーンショット 2016-02-10 1.11.20
  6. スクリーンショット 2016-05-11 0.17.39
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!