その商品、仕入れる? 〜仕入れ基準の極意 その2〜

この記事は4分で読めます

14459

どうもこんにちは!たけです。

今日は、仕入の基準、その2ということで、

昨日の続きについて話していきたいと思います!

 

その商品、仕入れる? 〜仕入れ基準の極意 その1〜

 

昨日のブログにて、仕入の基準は、

・利益率

・利益額

・回転率

・出品者数&出品してる商品数

のまず4つを話しました。

 

でですね、今回も何点か続きをいきたいと思います!

 

⑤出品者の値付けの傾向&出品者数の増減傾向

これも意外と大事。

出品して、価格競争になることってありますよね?

 

特にむかつくのが、全部1円マイナスにしてくる人。

あれは本当に困ります。

 

どうやっても最安値が取れないので、

前の出品者が売れるのを基本待つしかありません。

1円マイナスにするのは本当に迷惑だし、

結果として誰の得にもならない。

「囚人のジレンマ」ってやつです。

牛丼屋が価格競争を起こして全部ジリ貧になってしまった原因。

 

 

とにかく、このブログを見ている方は、

原則絶対に1円マイナスはしないでくださいね。

 

10.22追記

「囚人のジレンマ」とは何なのか?

そしてなぜ起こってしまうのか?

それを経済学的な部分も含めて新たにブログに書いてみました。

わかりやすくなっているので、気軽に見てみてください!

経済学的な部分から、値下げ競争について考えてみた

 

話は戻しますが、現実問題として、

そういう人は一定数いるので注意してください。

 

で、値下げ傾向が出やすいのは、どういう時かといえば、

出品者数が多くて、購入者が少ない時です。

 

この場合、当然安くしないと仕入れた商品が売れないので、

必然的に価格競争が発生します。

 

ヤマダの新品ゲームなんかは代表的な例。

POS管理されていて店舗ごとに値段が同じで、

せどらーが一気に仕入れるがそれほど需要者がいないため、

価格競争せざるをえなくなり、結局利益がマイナスに・・・

なんてのをよく見てきました。

 

なので、そのへんの出品者の増加傾向は

ある程度読んで仕入をしましょう。

逆に、出品者が減っている場合は値段が上る可能性が高いので

チャンス。

 

 

⑥過去の価格

これももちろん注意すべき対象です。

あっ!これ仕入いけそうだ!

って仕入れて値段が下がって後悔するのは

このパターンが多いです。

回転がよかったのは、実は過去の値段が安かった時だった・・・

なんてオチがついてしまうことにならないようにしましょうね。

 

逆に、今売れていない商品でも、

値段が少し低かった12ヶ月前とかなら売れてる、

っていう商品もしばしばあるので、

一見売れていない商品でも12ヶ月分のモノレートを

ちらっと見ておくと掘り出し物が見つかるかもです。

 

具体的には、仕入れ値1000円で、現在5000円だけど

全く動きがない。

しかし、8〜12ヶ月前で、3000円なら動きがぼちぼちあるぞ!!

って感じですね。

 

こういうのは時々あるので、チェックしてみましょう。

 

 

 

⑦資金力

これがやっぱりものを言いますね。

1000万とか1億ある人なら、

1年寝かせると上がるような商品を

ガンガン仕入れても全然OKなわけです。

 

普通のせどりでは月に1千万の仕入なんてほぼ不可能だし、

1億なんて絶対に仕入れられませんからね。

 

しかし、そもそもそんな人はなかなかいない。

元手が10万とかでクレカで回しているような人が

ほとんどですよね。

 

先程も話しましたが、基本クレカで

回している人は寝かせは原則してはいけない。

 

全部1ヶ月で売り切ることを基本として考えないといけないわけです。

 

その前提下に立つと、お金のある人ない人では圧倒的に

仕入の幅が変わってきます。

 

やはり、資本主義社会ではお金を持っている人が最強なわけです。

なので、まずはどんどん資金を回してお金を増やしましょう!

という話です。

 

 

⑧商品のそもそものポテンシャル、価値

これが最も本質的だけど一番難しい。

これは、情報収集がとても大事になってきます。

・これはどういう人が欲しいのか?

・どういう層が欲しいのか?

・代替できる商品はあるのか?

・ニーズは時期によって変化しやすいのか?

・希少性は高いのか?

・・・・・

というふうに、いろいろな要素がからんできます。

基本的には、「マーケティング」です。

 

これによって、価値が決まるわけですが、

多少の市場のミスマッチがあって、

価格が実際の価値よりも高くなったり、

低くなったりすることはよくあります。

 

なので、本当はこの商品はどのくらいの価格で

売れるポテンシャルがあるのか?というのを見極めていく必要があります。

 

そのため、常に情報収集は必須。

 

Twitterの検索、Yahooのリアルタイム検索、Web検索、日常の会話、ニュース・・・・

いろいろなところから察知して、その商品のポテンシャルを考えていきましょう。

 

例えば、トレーディングカードだったら、

すごく強いカードが入っているから値上がりする。

それというのは、いろいろ検索、リサーチしてみないとわからない。

 

最近は地デジ対応用のチューナーとかが上がっているのですが、

地デジに完全移行になった影響をもろに受けていたりとかします。


例えばこんなのですね。

定価は1000円なので、3倍近くになっています。

 

で、あと最後に商品のポテンシャルを見分けるのは、

「感覚」。

 

なんだよそれ!って思うかもしれませんが、

だんだんやっているとわかるようになります。

 

商品を見ると、感覚的に

「これ高くね?」「これ安くね?」って感じに分かるようになります。

 

なので、そもそも定価が安い商品とかは、

そもそも安いのでそこそこ売れ行きが良いと普通にプレミアがついたりします。

 

以前から安い商品を察知するとなんかビビッとくる感覚があると言いましたが、

それに関連しています。

 

こればっかりは言語では説明しにくいので、

ぜひこの感覚は身につけていきましょう。

 

11.24追記

商品のポテンシャルを見極める上で、

マーケティングが大事だと話しましたが、

そのリサーチをする上で使えるのが「リアルタイム検索」。

 

SNSでの声を拾ってくれるありがたいツールです。

そんなツールを活用する方法を紹介しています。

 

リアルタイム検索で日本中から情報をゲット!!

 

 

 

てな感じで、長々とポイントを話していきましたが、

けっこうこれを全部考えて・・・

っていうのは非常に大変ですが、

だんだんやっているうちに自然にできるようになっていきます。

 

で、あとは大事なのはバランス。

この8個のポイントの中でどのようにバランスをとっていくのか。

それはあなたのせどりの状況によって変わるし、

それは自分なりの感覚を研ぎ澄ましていってほしいです。

 

適切な商品を仕入れて、お金をガンガン増やしましょう。

ではまた!

 

関連記事です。

先程も話したビビッとくる感覚。これがあればどこでも稼げます。

ピーン!!とくる感覚

 

この仕入の基準にも関連してきますが、せどりの肝について話しています。

せどりの「本質」って?

 

 

 

 

 

【メルマガ購読者限定プレゼント】

実践するだけで月10万稼げるようになる、有料せどりノウハウ動画をメルマガにて公開!

まだせどりをやっていない方はもちろん、現在せどりを始めて悩みがある方もぜひどうぞ。

全員にプレゼントしたいのですが、メルマガのサポートの関係もあり、

限定100人へのプレゼントとしますのでお早めに!

行動したもの勝ちですよ(^^)


お名前  
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 184
  2. img_life01
  3. ネット
  4. スクリーンショット 2016-04-15 23.54.16
  5. スクリーンショット 2016-05-18 22.30.49
  6. 泊まり
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たけレポート

せどりツアーのお申し込みはコチラ!

通常のせどりツアーとは異なり、1日中マンツーマンで、そして参加者の方の状況に合わせて作る、稼げるようになるためのせどりツアーを提供します! せどりツアーお申し込みはこちらから

気に入った方はランキングをクリック!